バックオフィス業務 海外アウトソース BPO

ホーム > BPO企業を探す > バックオフィス業務 > 中国BPOのメリットとデメリット

中国BPOのメリットとデメリット

BPOも中国で

中国BPOメリット 経営改革を推し進め、コア業務を強化するために、BPOを取り入れる企業が増えています。それも日本国内ではなく、海外へサービスを求める企業が増えているのです。

最大の相手国はなんといっても中国です。すでに製造業を始めとして、生産拠点を日本国内から中国へ移している企業は、枚挙にいとまがないくらいです。

中国BPOサービスを利用する企業が多いのも当然の結果といえるでしょう。

しかし、だからといって中国BPOサービスは絶対ではありません。中国BPOのメリットもあれば中国BPOのデメリットもあります。中国BPOのメリットとは何なのか、中国BPOのデメリットとは何なのか、考えてみたいと思います。



中国BPOのメリットとは

中国BPOサービスが選択肢として考えられる一番の理由は、日本国内と比べて人件費が安いことにあります。

また漢字が使えるというのも中国ならではのメリットです。

世界一の人口を抱えているだけあって、人材の豊富さも他の国とは比べ物になりません。
例えばBPOが盛んな大連市だけでも、日本語を学習している人は20万人もます。

この他にも補助金の給付や優遇政策の実施など、中国政府の強力なバックアップがあることも大きなメリットとなっています。

データエントリーやIT関連、コールセンターなどの他、経理事務や人事、総務といった業種まで対応可能なのも、強みといえるでしょう。次に中国BPOのデメリットを考えてみたいと思います。



中国BPOのデメリットとは

日本国内と比べては安くても、ASEANなどの周辺諸国と比べると高騰しているのが人件費です。

現在でも上昇傾向にあるため、人件費の安さが中国BPOサービスを利用する理由でなくなる日は、そう遠くないといえます。また、根強い反日感情もデメリットにあげられます。反日デモが起こると日系企業はその標的になるため、ビジネスそのものを行えなくなってしまいます。外交問題がビジネスに直結する現実は、周辺国へと拠点が移る十分な理由になるのです。

中国BPOのメリットがデメリットを下回るようになれば、インドやフィリピン、ベトナムへの流出は避けられないものになるでしょう。

バックオフィス業務でのBPO をお考えの企業様へ

BPO サービス紹介センターでは<バックオフィス業務>で。御社のニーズにぴったりなBPO先企業を無料でご紹介しております。

無料相談をする
BPO 先企業を探す