バックオフィス業務 海外アウトソース BPO

ホーム > BPO企業を探す > バックオフィス業務 > ミャンマーBPOにはどんなサービスがあるのか

ミャンマーBPOにはどんなサービスがあるのか

日本におけるミャンマーBPOサービスとは

ミャンマーBPO BPOを実施する大きな目的はコストダウンです。日本においてもBPOを実施する企業が増えてきていますが、全体の約20%の企業しか行っていません。しかし、国内でBPOを実施するよりも、海外でBPOを実施する方がコストダウンにつながるので、日本企業もだんだん海外に目を向けているようですが、海外BPOに関しては約2%です。

日本企業の海外オフショアリング先として一番多いのは中国ですが、中国の人件費が高騰しているため、人件費の安いミャンマーオフショアリングを検討している企業が出てきています。しかし実際にミャンマーBPOサービスに依頼している企業はまだ少なく、主に大手企業がミャンマーオフショアリングを行っています。

情報通信機器の販売・保守を手掛けるレカム株式会社が2014年にミャンマーBPO会社を新設しています。また、レカム日本語学校を開設するなど、ミャンマーBPO会社の日本におけるサービス向上が期待できます。



ミャンマーBPOの動向

最近ではミャンマーBPO会社の日本語能力やセキュリティー、品質などが向上していて、今後の発展が期待されています。そのため中小企業のミャンマーオフショアリングも増えると予想されています。日本では若者のニート問題や、少子高齢化が進んでいるので、人材の確保ができない状態です。

ミャンマーBPOサービスを活用し、勤勉で高い技能を持ち、高い学習能力を持ったミャンマーの人材を確保すれば、日本企業のメリットになります。



ミャンマーBPO会社へアウトソースできる業務とは

ミャンマーBPOサービスには、画像加工データ入力オフショア開発(ソフトウエア、Webシステム、スマホアプリ、ソーシャルゲーム等の開発、運用・保守)、などがあります。

ミャンマーオフショアリングの主流は、オフショア開発です。今まではインドでのオフショア開発がメインでしたが、インド人プログラマーの人件費が高くなってきたことを受け、インドよりも人件費の安いミャンマーでのオフショア開発にシフトし、コスト削減を実現しています。

バックオフィス業務でのBPO をお考えの企業様へ

BPO サービス紹介センターでは<バックオフィス業務>で。御社のニーズにぴったりなBPO先企業を無料でご紹介しております。

無料相談をする
BPO 先企業を探す