バックオフィス業務 海外アウトソース BPO

ホーム > BPO企業を探す > バックオフィス業務 > ベトナムBPOのメリットとデメリット

ベトナムBPOのメリットとデメリット

ベトナムBPOが選ばれる理由

ベトナムBPOのメリットとデメリット 少子化、高齢化が進む中で日本国内における労働人口の減少が問題となってきています。労働力の確保は、企業にとって急務となってくるでしょう。また、内需の減少が見込まれるため、経営改革を推し進め、体力をつけておく必要にも迫られています。国内だけを見ていた時代は終わりを告げつつあるのです。

そんな中、すでに海外へと進出している企業はたくさんあります。安価な人件費を武器とする中国やASEAN諸国に、生産拠点を移しているのです。

その他にも、データエントリーといった業務を海外に委託している企業もあります。

これまでは、漢字が使えるという利点から、中国が圧倒的なシェアを誇っていました。しかし、外交問題や反日デモがおこるなど、ビジネスを円滑に行う妨げとなる事案が発生したため、中国から他の国へのシフトが徐々に行われてきています。

中国に変わる国としてあげられるのがベトナムです。どちらかというと親日国として捉えられるベトナムBPOサービスを利用する企業が増えています。

ベトナムBPOサービスを利用する企業はこれからも増えていくでしょう。気を付けなくてはならないのは、ベトナムBPOのメリットはありますが、同時にベトナムBPOのデメリットも存在していることを忘れてはなりません。

では次に、ベトナムBPOのメリットとベトナムBPOのデメリットを考えてみましょう。



ベトナムBPOのメリットとは

ベトナムBPOサービスの主なものは、上記にもあげたデータエントリーや、CAD解析画像加工図面作成といったIT関連業務となります。

最大のメリットは大幅なコストダウンが図れることです。

日本とは違い、人的資源も溢れています。ベトナムBPOのデメリットと思われる言葉の壁という問題も、大学で日本語を学ぶ学生がいることや、日本語検定資格の所有者が多いことでも解決できます。本業であるコア業務を強化するために、ベトナムBPOは欠かせない戦力となるでしょう。



ベトナムBPOのデメリットとは

ベトナムBPOサービスでネックとなるのが、時間です。

ベトナムとは距離があるため、緊急性が必要な事案には対応できないことがあげられます。また品質面では日本にまだまだ劣ると言わざるを得ないでしょう。セキュリティ面でも不安要素もあります。

しかしこれらは従業員への教育を行うことによって、ベトナムBPOのメリットとなるまでに改善する余地があります。

バックオフィス業務でのBPO をお考えの企業様へ

BPO サービス紹介センターでは<バックオフィス業務>で。御社のニーズにぴったりなBPO先企業を無料でご紹介しております。

無料相談をする
BPO 先企業を探す